カジノシークレットの簡単な解約方法、再登録時は可能?

カジノシークレットを利用しない場合は解約したほうがいいでしょう。しかし、解約の方法が複雑になっていると、解約できない可能性があります。解約できずに個人情報が残るのは不安でしょう。

この記事ではカジノシークレットで簡単に解約する方法を紹介します。また、解約後に再登録できるのかなどの情報を解説します。

カジノシークレットの解約時のトラブル事例

カジノシークレットで解約する際、トラブルに巻き込まれている事例がいくつかあります。

具体的な問題としては、解約しようとしたが手続きに失敗し、解約されていない事例があります。これはカジノシークレットの解約方法が非常に複雑で分かりづらい点が問題となっています。

また、カジノシークレットを解約したものの、その後カジノシークレット側からキャンペーンなどのメールが届くといった問題もあります。これはカジノシークレットの解約が正しくできていない可能性が高く、正式に解約されていないものと判断されています。

カジノシークレットは解約方法が難しくなっているため、解約したいと考えている人はしっかり方法を覚えておきましょう。また、解約時のトラブルに巻き込まれた場合は、素直にサポートを利用して解決を図ったほうが安心です。

カジノシークレットの解約方法

カジノシークレットの解約方法ですが、実は解約というよりアカウントの休止を行う方法です。その後、カジノシークレット側が利用する意思がないと判断されたアカウントを削除して解約されるという形になります。

解約方法ですが、2つ用意されています。

  • マイアカウントから手続きを行う方法
  • サポートに連絡して行う方法

この2つから選択し、最終的にアカウントを休止させて放置します。直接アカウントを解約する方法がない他、アカウントが削除されるまでにはそれなりに時間がかかるので気をつけてください。

ここからは、カジノシークレットの解約方法について詳しく説明します。

マイアカウントから手続きを行う方法

一般的にはこちらの方法を利用します。

カジノシークレットへログインした後、マイアカウントへ進みます。この後、マイアカウントに小さく用意されているプロフィールという部分をクリックしてください。

プロフィールをクリックすると、入金制限の画面が表示されます。この画面には「責任あるギャンブル」という項目がありますので、この部分をクリックしてアカウント休止画面を表示させてください。

表示された画面には、どれだけの期間アカウントを休止させるのかという情報が記載されています。カジノシークレットを解約する場合は「無期限」にチェックを入れてください。これでカジノシークレットの解約手続きは完了します

後はカジノシークレット側がログインされていないことなどを確認し、アカウントが一定期間利用されていないと判断した時点で削除します。

サポートに連絡して行う方法

もう1つの方法はサポートに連絡してアカウントを休止させてもらう方法です。

カジノシークレットではライブチャットなどを通じて連絡できる方法が用意されています。この方法でアカウントを解約したいと連絡してください。この時に必要な手続きを提示されますが、個人で手続きをするのはかなり難しいと連絡すれば、カジノシークレット側が対応してくれる場合があります。

ただ、個人で手続きを行うほうが楽ですので、基本的にはサポートを利用せずにマイアカウントを利用してください。

解約した後に再登録は可能?

カジノシークレットは解約というよりアカウントを休止させて放置する方法ですので、この休止を解けばアカウントを再利用できます。ただ、ログインできない状態となっている可能性があるため、サポートへ連絡してアカウントの再利用を依頼する必要があります。

サポート側が何故アカウントを再利用したいのか聞いてきますので、この場合はカジノシークレットで遊びたいという理由を告げてください。これだけでカジノシークレット側が休止しているアカウントを解除してくれます。後はログインできれば問題なくカジノシークレットで遊べるでしょう。

ただ、アカウントが削除されてしまった人は、再登録ができない可能性が高くなっています。同じ内容で登録していると判断されると、カジノシークレット側が再登録を止めてしまう可能性が高いのです。この影響により、アカウント削除の場合は再登録が難しい点に気をつけてください。

まとめ

カジノシークレットは解約というよりアカウントを無期限で休止させ、利用しない方法を取ります。この手続きを取らないと、1年後に口座維持手数料を取られてしまう点に気をつけてください。使わない時はカジノシークレットのアカウントを休止しておきましょう。

再利用する場合はサポートに連絡すればすぐに対応してくれます。ただ、休止期間が長いと削除される可能性があるため、再利用したい時は早めに連絡を入れるなどの対応を考えましょう。